問い合わせが来るページとは?

2017.12.13 Wednesday

今日、中小機構の人のお話で聞きました。自社ホームページではなく、中小機構のホームページ内にある加盟各企業のページの話なのですが、通常の企業ホームページでも同じです。

 

1.サービスが明確であること
自社のページに何をやっている会社なのか、何が出来るのかがはっきりとわかりやすく書いてあることが1番のポイントだそうです。

 

2.料金が明確であること
次に大切なのが、料金がはっきりと書いてあることだそうです。やはり頼む側としては料金がわからないと不安ですし、それで躊躇する人も多いはずです。

 

3.事例が書いてあること
これも大切です。事例がないと「ここ大企業しか相手にしないんじゃないの?」と思われてしまいます。実際の事例を大小合わせて数件出しておくのがいいでしょう。

 

もちろん他にもポイントは沢山ありますが、最低限、これらのことをおさえるのが重要だと思います。


ドローンでの動画撮影

2017.12.12 Tuesday

ドローンで撮影した動画を、お客様のホームページに掲載しました。弊社のお客様の中では初めてです。

 

http://www.riverhillgolfclub.com/

 

広大なゴルフ場全体の様子が分かるように、空中から撮影したものです。(撮影はプロが行っています。)

 

こうした巨大な施設のホームページは、これまでなら写真を何枚も載せて全体像を伝えるしかなかったわけです。しかしこれからドンドンとドローンが身近になっていくにつれ、こうした動画撮影を行い、ホームページに有効活用することが増えてくると思います。見る人にとっても面白いですし、何よりもわかりやすくて良いわけです。

 

ゴルフ場だけでなく、スキー場、遊園地、海水浴場、大型ショッピングセンター、観光名所...などなど、色々なところでの活用が期待されます。


カメラマンは年内ひと段落

2017.12.11 Monday

昨日、親しいプロカメラマンの人と「12月は忙しいですか?」なんて話をしていると、「いや、一段落しました。」とのことでした。

 

写真の場合、写真ができたら完成ではなく、大抵はそこから編集作業が始るわけです。パンフレットの写真なら撮影が終わってから写真が選ばれて、加工されて、パンフレットに組み入れられて、印刷されて完成です。ホームページもまったく同じですね。なので、(恒例の)「何とか年内に!」という注文の場合は、写真撮影は少なくとも12月上旬に終わっている必要があるわけです。

 

なるほど...。

 

そう考えると、文章を書く仕事、イラストを描く仕事...などなど、最終完成形ではない構成要素を作る仕事の場合は、最終納期の数週間前が納期なのです。製造業における部品なんかも同じかも知れません。

 

しかし、私たちホームページ制作の仕事は制作工程の中では最終工程なので、これから年末にかけてが本番です。

 

「年内に何とか」というお客様のご期待にこたえるため、ここから先は私たちが頑張るしかありません。


冬用タイヤ自動判別システム

2017.12.10 Sunday

こういうの、待ってました!

...というか、もっと早く実現していても良さそうなものだと思うのですが。

 

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201712/0010793376.shtml

 

冬の高速道路でチェーン規制になっている時、インターやパーキングでタイヤのチェックがあります。(ないこともあります。)現状は人間が1台1台車を止めて目視でチェックしているのです。そのため大抵は渋滞になってしまいます。渋滞ならまだしも、目視には限界があり、ノーマルタイヤでも結構スルーしてしまっているようです。どんなベテランの人でも一目で冬用かノーマルかを見分けることなんてできないですし、かといってじっくり見ていては更に大渋滞になってしまいます。

 

これはまさに機械が得意とするところですね。記事を読む限りではAIが使われているわけでもなさそうですが、それほど高度でもない仕組みを使っても判別はできるのでしょう。98%という確率なので、十分に正確です。

 

新技術が安全に活かされ、しかも渋滞が緩和されるのは、素晴らしいことだと思います。


無駄か、効率か?

2017.12.09 Saturday

アマゾンで何か小さいものを1つ注文しても、いつも必ず大きな箱に入ってきます。

 

 

箱をちゃんと大中小と使い分けないともったいない気がしてしまうのですが、アマゾンとしてはこのサイズの箱に統一するほうがはるかに効率的でコスト削減になるのでしょう。この辺はアメリカらしいと思います。

 

しかし、よく考えてみると料理だって日本は多種多様な器を利用します。丼、お椀、茶碗、湯のみはもちろんのこと、皿だって小から大まで、しかも丸や四角や、本当に色々な種類があります。高級店なら更に季節によって違うでしょう。西洋だって色々な皿がありますが、基本的にスープ以外は大半が平らな皿ですし、種類も日本ほどはないはずです。(実は食器洗浄機の普及が日本は欧米から数十年も遅れたのは、ここに原因があるそうですね。)

 

靴のサイズもしかりです。日本は1/2センチ刻みですが、米国は1/2インチ刻みです。1インチ=2.5cmなので、刻みが2.5倍も大きいわけです。

 

単に効率化だけでなく、こうした文化の違いも背景かも知れません。

 

 


金の斧と銀の斧

2017.12.08 Friday

私が大好きな昔話の一つです。

 

...鉄の斧を川に落とした木こりの前に神様が「これか?」と言って金の斧や銀の斧を見せると木こりが「違う」と言ったので、正直さに神様が感動して金銀の両方共を与えた。それを聞いた別の木こりが鉄の斧をわざと川に落とし、神様が持ってきた金の斧を「それです」と言ってもらおうとしたところ罰が下った...

 

というグリム童話ですね。(色々なバージョンがありますが、まあそれはさておき。)

正直でいなさいという教えだと思います。

 

これ、時代は変わり環境が変わっても同じだと思うのです。仕事に関してもまったく同じです。お客様のことを無視し、短期的な自分の利益を追うと、大抵失敗します。私の周りでも多くの同業者が失敗しています。

 

たとえ短期的な利益を犠牲にしても、長期的にお客様のお役に立てることを追求し、正直に、真面目に、謙虚に頑張っていけば、いつか必ずいいことがあると思うのです。(多分...。)

 

そう信じて、頑張っていくのみです。


パソコンを6か月ごとに買い替える人!?

2017.12.07 Thursday

今日、仲間から聞いた話ですが...パソコンは「6か月が寿命」と言い切って、半年ごとに買い替える人がいたそうです。

 

確かにパソコンは消耗品ですし、使っていくうちに段々ゴミが溜まり、遅くなっていきます。どんなに無駄なファイルやソフトを削除し、履歴情報やキャッシュなどを残さないようにしても、システム上の見えないところには何らかのゴミが溜まっていくものです。これらに加え、ハードウエア、バッテリーなどの物理的な消耗もあるため、やはり5年以上も使えば、大抵は遅くなってくるのです。

 

なのて、5年くらいで買い替える人はよくいます。車と同じです。

スマホだって(分割が終わる)2年サイクルで買い替える人はいますよね。

しかし究極の効率化を目指しているとはいえ、パソコンを6か月とは...。

 

そういえば、床屋に毎週行く人がいると聞いたことがあります。その方もファッションにとても厳しい方だそうです。

 

いずれにせよ、庶民の私としては、「その人たち、お金はどうするんだろう...」なんて、余計なことを考えてしまします。


食事も仕事、休みも仕事

2017.12.06 Wednesday

私がよく使う言葉です。でも実は、私自身、社会人になりたての頃に先輩に言われて学んだことなのです。

 

当時私は銀行の支店で海外取引事務の仕事をやっていました。月末などの超多忙時に完全に時間がなく、1分たりとも無駄にしたくない時でした。「清水君、昼食早く行ってきなさい。」と言われ、「いえ。今日は時間がないので、昼食はやめておきます。」と言うと、「昼食も仕事の内だ!早く行ってこい!」と怒られました。

 

今考えてみると、当然のことでした。

 

1日3食キッチリ食べないとどこかで無理がでてきます。昼食を抜いて仕事をしたところで、午後から疲れが出てきてミスが多くなるのは明らかです。時間を節約したつもりでも、ミスが続けば無駄な作業が増えてしまい、結局はかえって時間がロスしてしまうのです。たとえ1時間キッチリ休むのが無理な時でも、最低限のものは食べておかないと、午後の仕事に影響するものです。事務でも営業でも経営でも同じです。

 

休暇だって同じです。有給休暇は法律で定められた権利であり、義務でもあります。義務であるからには会社員なら有給休暇を取ることは仕事なのです。それによって、休み後にはより良い仕事ができるようになるはずです。

 

「食事も仕事、休みも仕事」

 

今後も言い続けます。


レンタルサーバ会社提供のSSL

2017.12.05 Tuesday

最近、認証局から個別に発行される(高い)証明書ではなく、利用レンタルサーバに付随している(安い、または無料)のSSLサービスを見かけます。これまでにもあったものは「共用SSL]と呼ばれていてこのSSL使用時のドメインはレンタルサーバ会社の物を使う方法しかなかったのですが、最近は、仕組み自体が変わって、独自ドメインを使えるものもでてきました。

 

多くの場合、格安か無料ですが、通常の有償版とくらべ、次のマイナス点があります。

 

1.「信頼の証」である認証シールが表示されない。

下はジオトラストが発行している通常のSSLを使った弊社問合せフォームの例。認証シールが添付されており、クリックするとGeoTrustに弊社ホームページが認証されているという内容が表示される。

埋め込み画像 2

 

2.非営利団体が運営している証明を使うため、突然終了する可能性がある。

 

3.一部のブラウザ(特にクローム)で利用できなくなる可能性がある。

 

4.詐欺サイトなどで同じものが使われている可能性がある。

 

ただし、暗号の仕組みと強度は同じですし、SEO上の効果は(現在のところは)同じと言われています。つまりウェブサイトを見る人が1さえ気にしなければ、今のところ目に見える違いはありません。

 

企業のメインサイトに使うのであれば通常の有償版をお勧めしますが、サテライトサイト、情報サイト、個人サイトなどではこれらの格安または無料版のSSLを使うのも一手かと思います。


意外と面倒な不在通知の連絡

2017.12.04 Monday

以前、ポストに入っていた宅配便の不在通知を見ながら再配達を申し込もうと思いホームページにアクセスして手続きを進めてみると会員登録が必須になっていて、超・面倒だったことがあります。で、一度会員登録したので次は楽だと思いきや、再度使うときにパスワードがわからなくなってしまい、これまた超・面倒だったのです。

 

そんなことをしなくても、電話をすれば一発です。ドライバー直通番号で知っている人が出てくれれば、10秒くらいで終わることもあります。

 

一方、郵便局からの不在通知の場合は、希望日を書いてポストに投函すればいいので、これが一番ラク...なはずです。

 

が、しかし!

これ、書いたのはいいけど、いつも投函を忘れてしまいます。カバンに入ったままのことも頻繁にあります。結局保管期限間際になってしまい、郵便局までとりに行ったこともありました。
が、実は!
こっちはネットが超ラクでした。やってみると登録も不要で、15秒くらいで終わりました。ハガキを書いて投函するよりラクで確実です。ネット屋のくせに、アナログ手法に頼ってたのが恥ずかしくなってきます。
これも近い将来、QRコードやタグを使って、更に簡単になることが期待されますね。