世界で母国語として一番使われている言語は?

2017.04.27 Thursday

もちろん中国語です。ダントツです。

 

恐らく多くの人が直感的にもわかっていると思います。その次が英語であることも想像がつきます。で、その次、更にその次になると...パッと出てくる人は少ないのではないでしょうか?

 

1位 中国語

2位 英語

3位 スペイン語

4位 ヒンドゥー語

5位 アラビア語

(日本語は10位)

 

日本は1億人もいるのだからもっと上かと思いきや、上位の言語は複数の国で母国語として使われているのに対して日本語は(ほぼ)日本のみなので、それほど上には来ないようです。

 

ちなみに母国語ではないけど公用語として使われている数なら英語がダントツだそうです。世界の1/3の国で英語が公用語になっているので、実質的に世界共通語と言ってもいいかも知れません。

 

で、面白いのが、ネットで使われいる言葉のランキング。

 

1位 英語

2位 中国語

3位 スペイン語

4位 日本語

5位 ポルトガル語

 

母国語では10位だった日本語が、なんと4位にいきなりランクインしました。ネットユーザーが多いということでしょう。反対に中国語は母国語とする人の数が多い割には、ネットユーザーが相対的に少ないのかも知れません。

 

またヒンドゥー語圏、スペイン語圏、ポルトガル語圏の人で英語を第二言語として自由に使える人は沢山います。

 

こうやって考えると、ホームページは英語、中国語、日本語の三か国語があればかなりの範囲をカバーできるということですね。

 

(参考:http://gigazine.net/news/20130217-most-spoken-language/)

 

 


中国では動画をダウンロードして観る?

2017.04.26 Wednesday

中国版YouTubeであるYoukuに動画をアップロードするのはいいものの、すぐにダウンロードして流用されると嫌なのでダウンロードを禁止にできる仕組みがないか調べてみました。

 

まず最大手のYouKuは一定条件を満たせば禁止にする方法はあるようですが、少しハードルが高そうです。

 

他のサービスを色々と探してみたところ...結論としては、私たちが調べた限りでは、ダウンロードを禁止できるサービスはなさそうです。


以前は「todo」というサービスがダウンロード禁止を選択できたのですが、2012年にYoukuに買収されて、ダウンロード禁止をやめたそうです。

 

また、中国のQ&Aサイトで私たちと同じことを質問している人がいましたが、回答者の答えは、「ありません」とのことでした。

 

中国に長年住んでいた当社の担当者いわく、ネットも電気も日本と比べて貧弱な中国では、ネット回線はいつ止まるかわからないので、動画をパソコンやスマホに一旦ダウンロードしてから見る人が多いそうです。共同宿舎では節電のために夜間一斉停電になるところも沢山あり、夜になるとネットも使えなくなるので、昼のうちにダウンロードして夜にオフラインで見るという使い方も多いようです。またネット回線は今の日本のように使い放題ではなく、(10年前の日本のように)従量課金になっている契約も沢山あるので、やはりいつ止まるかわからないリアルタイムよりは、一旦すべてダウンロードしてから見る方が安全でいいとのことです。

 

つまり環境を考えると、中国では動画をダウンロードできないサービスでは利用者が限られてしまうのです。「ダウンロードできない」というサービスでは誰も来なくなってしまうので、難しいのかも知れません。


ネットオークションでの現金売買禁止

2017.04.25 Tuesday

「こんな手があったか!」と言ったら怒られそうですね。でもこんな方法があるなんて、私は気づきませんでした。

 

https://mainichi.jp/articles/20170425/k00/00m/040/117000c?fm=line

 

ヤフオクやメルカリなどのネットオークションで現金が販売されていたそうです。例えば「1万円札x1枚を12,000円で」という具合に、額面よりも高い値段で売られていたのです。当然、古い1万円札とか、番号が7777777のような珍しいお札かと思いましたが、そうではなく、まったく普通の、今も使われている1万円札です。

 

誰がそれを12,000円で買うのかというと...現金が手元になくて困っている人です。ネットオークションならクレジットカードが使えるので、つまり、クレジットカードで現金を20%の利息(手数料?)を払って、クレジットカードの決済日まで借りるのと同じことになるわけです。

 

クレジットカードの多くにはキャッシング機能が付いており、銀行ATMなどで公式にお金を借りることができるものの、その枠が一杯になっていたり、キャッシングが付いていないカードだったりすると、現金を直接入手することはできません。その代わりにオークションを使っていたというのです。

 

これが違法行為かというと...微妙なところなのでしょう。だからこそ、今まで放置されていたわけです。

 

ニュースによると「マネーローンダリング」と書いてありますが、マネーローンダリングというのは悪者が不正手段で入手した現金の出所を隠すために架空口座に預金して別の口座に送金したりすることで、金額的にも国際犯罪などに使われる大規模なものというイメージがあるので、ちょっと違う気もします。が、広義ではこのようなオークションもマネーロンダリングになるのかも知れませんね。

 

しかしまあ、違法ではないのなら、現金さえ持っていれば簡単に小遣い稼ぎが出来たというわけです。しかもサラ金などと違ってカードで決済されるのなら、取りっぱくれもないので、道義上の問題はあるにせよ、いい商売だったと思います。


このブログを全面リニューアルしました!

2017.04.24 Monday

今年の8月で、なんと、スタートして10年が経過します。

 

それを記念して...というわけではないのですが、あまりにも古臭くなって前から気になっていたので、今日、予定が1つキャンセルになって時間が空いたチャンスに全面リニューアルしてみました。

 

しかし...久々に自分でデザイン設定をやってみると楽しいですね。

それも、細かいことがやたらと気になりだしてしまいます。色やフォントを微妙に変えてみたり、レイアウトをいじってみたり...。これをやりだすと、本当にエンドレスになってしまいます。

 

お客様のホームページを制作しているときに、お客様から「色をもう少し明るく。」「いや、やっぱりもう少し暗く。」「でもやっぱり元に戻して。」なんてご依頼を頂くことも時々あります。まあ、自分が同じ立場になると、やっぱり同じですね。少しでも良いものを目指して、ついついこだわってしまいます。

 

自社ブログのために私が何時間も費やすわけにはいきませんが、また時間がある時にゆっくりと、(趣味半分?)ちょくちょくいじって完成させていきたいと思います。


リスティング広告は3000円から?

2017.04.23 Sunday

いや、確かに3,000円でもヤフーやグーグルの検索連動型広告(リスティング広告)を出すことは可能です。で、どのくらいの効果があるでしょうか?

 

業種とキーワードにもよりますが、まあ、実際にはほぼ効果はないと思って良いでしょう。

 

新聞広告だって3,000円は無理かも知れませんが、予算はピンキリあります。でも数万円の広告よりも数百万円の広告の方が効果が高いのは明らかです。どんな広告だって同じです。

 

テレビや新聞と違い少ない予算で始められるのは事実ですし、狙っている層にダイレクトに届くのは大きな魅力です。恐らく多くの場合、値段対比の効果は他のメディアより高いはずです。

 

値段と効果が必ずしも比例するわけではありません。

でもやはり、ある程度の費用をかけないと一定の効果が出てこないとは確かです。

 

また、単価が低い個人商売や、店舗型の商売などでは、リスティング広告にお金をかけても十分に効果が期待できないこともあります。

 

広告屋やネット屋の営業マンのセールストークに惑わされず、きっちりと自分で勉強し、自分で最終判断することが大切なのです。


ハンコ不要論

2017.04.22 Saturday

日本や中国では古来から続いている文化なので、そう簡単には変えられないのかも知れませんが。

 

しかし、意味が希薄なハンコ至上主義は、銀行も役所も会社も、そろそろ終わりにしてもいいのではないでしょうか?

 

よほど珍しい名前ならともかく、「清水」なんて名前のハンコは百キンにでも売っているし、たいして本人の証明にはなりません。銀行でハンコが違っても照合漏れで見落とされることもありますし、何よりも、サインと違ってハンコと通帳さえ持っていれば簡単にお金を下ろせてしまうところが怖いのです。その点、サインの方が難しいハズです。

 

楽天のネットバンクでは、ハンコの届出が不要です。口座振替の申込みだってハンコを押さないしサインもしません。その代わり、申込後にメールとネットで本人確認をきっちりとやります。こちらの方がハンコよりも確実だと思うのです。

 

役所の届出、会社の契約書もしかり。ハンコさえあれば安心というものではないはずです。それならサインでも同じだし、今や電子的に認証する、より安全な方法が沢山あります。逆にハンコに頼っている方が危険だし、それがあるがために、電子認証などの手段の開発が遅れるような気がするのです。

 

ちなみに中国では、もはやほどんど使っていないそうです。この分野でも、日本だけが取り残されるかも知れません。


ダウンロードスピードの進化

2017.04.21 Friday

ネット上のあるシステムから12MBほどのファイルをダウンロードしようとした時に、こんな表示がでてきました。

 

 

そういえば、インターネットの最初の頃は電話回線につないでいて、28.8kbpsでしたね。それがISDNで64kbpsになって「速い!」って言われたのです。今は1GBが当たり前なので、15,625倍になったわけです。恐ろしいほどの進化です。実際、私のネット環境でダウンロードしたところ、3秒ほどでした。

 

以前とは比べ物にならないほど、仕事が効率的にできるようになったと思います。

 

ちなみに1GBという回線は、理論上は1秒間に125MBのデータを送れるということですが、実際には色々な要因があるので、それよりも遅いものです。

 

回線の速度とデータ量についてか、こちらにわかりやすく説明してありましたので、興味ある方はご参照ください。

 

http://support.zaq.ne.jp/beginners/speed/01.html

 

 


継続が難しい海外向け新ビジネス

2017.04.20 Thursday

残念ながら海外向けの新規事業は長続きしない傾向が強い気がします。まあ国内向け海外向け問わず、9割の事業が5年以内に終わるということなので、確率的にはそんなものなのかも知れませんけど...。友人でも何人か失敗した人がいます。

 

ありがちなのが、いいアイデアを思いついて勢いで始めたはいいけど、やってみると想像した以上に難しいことが多く、その一方で本業が忙しくなってきて、ついつい手が回らなくなってしまい...というパターンです。スタート時には何もかもがうまく行くような気になっていますし、もちろん新し事を始めるためにはそのくらいの楽観的な思考が必須です。でも実際には予想の何倍も難しいことがあるのが通例です。

 

特に海外向けの場合は、十分な語学力やターゲット国の知識がないままに始めると、そこがネックになってしまいます。最初のうちは勢いでカバーできても、その勢いがなくなると、あとは面倒になってきてしまうものです。楽しくて仕方なくなるくらいにうまく行っていれば話は別ですが、そうなる前に勢いがなくなってしまうことの方が多いものです。

 

しかし、不可能ではないことです。成功している人も沢山います。

成功するためには、スタート時点で近い将来必要となる大苦労や、起こりそうなリスクを過剰なくらいに見越した上で、十分な心構えを持っておくことが、結局は大切なのだと思います。


インバウンドサポートのポータルサイトに掲載されました。

2017.04.19 Wednesday

一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会( http://jsto.or.jp/ )監修のインバウンドビジネス推進を目的としたサイト「インバウンドサポート」に弊社が掲載されました。

 

http://inboundsupport.jp/book-search/view/bookNum/159/categoryNum/80/changeMode/category-list/

 

2020年に向けてますますインバウンド需要の拡大が見込まれる中、まだまだ十分に準備が出来ていない企業や店舗が沢山あると思います。海外からのお客様を迎えるのに外国語のホームページは必要不可欠です。

 

弊社の外国語ホームページ作成サービスが少しでもお役に立てれば幸いです。


フォームのSSLは必須か?

2017.04.18 Tuesday

グーグルが数年前からSSLを強く推奨しているのはこのブログに何度か書いていますが、いつの間にか、クロームでフォームを開いて入力しようとすると、こんなメッセージが出るようになりました。

 

 

 

「このフォームは安全な接続を使用していないため、クレジットカードの自動入力が無効になっています。」

 

えっ?

だって、名前の欄ですよ...。
実際問題として、さすがにクレジットカード番号を入力するフォームでSSL対応していないところは最近見なくなりました。でも通常の問い合わせフォームなら、まだSSL対応していないところも沢山あります。
名前の欄に今このメッセージが出てきてしまったのはクロームのバグだと思いますが、そのうち名前の入力すらSSL対応が必須になるかも知れませんね。