Googleマイビジネス

2017.10.24 Tuesday

「Google マイビジネス」って使っていますか?Googleが無料で提供しているサービスです。

 

 

グーグルの画面から自分の会社や店舗の詳細情報を登録しておけば、グーグルでその会社名/店舗名を検索したときに検索結果の右側に囲みで地図つきで出てくるものです。もちろんグーグルの審査があるので100%掲載されるわけではないですが、ちゃんと実態がある会社や店舗なら、まず掲載されるはずです。もちろんスマホ対応です。

 

会社名の他にホームページへのリンク、電話番号、住所、営業時間なども掲載されるので、とてもいい宣伝になると思いますし、SEOや通常の広告と違って費用がかからないため、使わない手はありません。

 

難点としては、(1)必ず掲載されるとは限らないこと、(2)7口コミ情報も掲載されるので嫌がらせやネガティブなことを書かれる可能性もあること、(3)何か間違ったことが書かれていてもなかなか訂正してくれないこと、などが挙げられますが、それを差し引いても、やはり無料掲載されるメリットは大きいと思います。

 

まだ掲載されていない方、是非お試しください。

 


入力項目を減らせば転換率アップ

2017.10.23 Monday

 

form.jpgこのブログに何度か書いていますが、Googleの調査でもやはりフォームは入力項目を減らすことでCV(転換率。最終的に問い合わせを受ける率)がぐんとアップするようです。実際に11項目を4つ減らして7項目にしたところ、CVが56%もアップしたという例があったそうです。

 

もちろん、例えば企業の登録とか銀行口座の申込みなどは必要な項目も多いでしょうし、減らすことはなかなか難しいかも知れません。しかし、単に最初の問合せをするだけのフォームにふりがなや性別、住所がなぜ必要なのか、理解に苦しみます。それらのことは最初の問合せを受けてから、その先の段階で聞き出せばいいことだと思います。

 

もちろんケースバイケースですが、とにかくホームページを見たという方からの連絡を受けたい、そこからスタートというのであれば、項目を極力減らすことをお勧めします。

 

 


 


スマホユーザーの53%が3秒であきらめる

2017.10.20 Friday

Googleの調査によると、スマホで何かを検索して画面が出てくるまで3秒以上かかったら、53%のユーザーがあきらめて次に移るそうです。

 

うそでしょう〜。

これ、インターネットを初期のころから使っている私たちには、ちょっとショックな調査結果です。

 

当時はインターネットは電話接続。まずパソコンを立ち上げるのに5分近くかかったし、それを電話線につないで「ジ〜。コロコロ。」って音を聞いて接続されて...で、検索してホームページを見るまでにさらに5分かかっていました。全部で10分です。

 

それが今は3秒で「遅い!」と、あきらめるということなのです...。

 

しかし、ちょっと実験してみるとGoogleの各サービスページを含め、3G回線を使うと表示に3秒以上かかるホームページはまだ沢山あるようです。弊社のホームページも4秒かかってしまいました。

 

もちろん都心にいる限りはLTE回線が普及していますし、実際はもっと速いのですが、まだまだ改善の余地はあるということです。特にネット事情がよくない海外に向けているホームページのスマホ版は要注意です。

 

 

 


フォームから送られるメールが迷惑メールになる

2017.10.17 Tuesday

ホームページに付いている問い合わせフォームが送信されると、管理者のところには「問合せがありました」というメールが届き、送った人には「お問合せありがとうございました」という自動返信メールが届きます。(設定により自動返信がないことも多々あります。)

 

ネットショップで何かを購入した場合も、まったく同様です。

 

ところがですね...これらのメールは、かなり高い確率で迷惑メールに仕分けされてしまうのです。

 

これは、フォームで送られるメールはサーバ経由でシステム的に作られて送られるものなので、迷惑メールと誤判定されやすい性質があるからです。手動メールと違い、送信者のアドレスと実際に発信に使われるサーバの登録が一致しないので、スパムメールなどと間違われるという仕組みです。これはどんなシステムを使っても(程度の差はあれ)同じです。

 

私のところでは、メールソフトのフィルターを使って、自分に届く連絡メールは迷惑メールに仕分けしない設定をしてあります。しかしメールソフトなどにより、それが出来ない場合は、自分で管理するしかありません。

 

よく色々なホームページで「返信が迷惑メールに入ることがありますので、チェックしてください」というような表示がありますが、やはりフォームから送られるメールは、迷惑メールに誤判定されやすいものなのです。

 

もう少しこの迷惑メール判定の仕組みが進化し、AIなどで高度に判定されるようになれば、誤仕分けも減ると思うのですが、今のところは、都度、迷惑メールをチェックする以外に方法はないと思います。

 


翻訳量の計算は文字数か、ワード数か?

2017.10.09 Monday

翻訳の量を計算するのには、一般的に文字数または単語数が使われます。元が英語の場合は単語数、元が日本語や中国語の場合は文字数でカウントすることが多いと思います。

 

This is a pen.

これはエンピツです。

 

上の例だと単語数で4、下の例だと文字数で9というわけです。しかし翻訳者によってはどちらの場合でも英語の単語数で計算することもあるようです。つまり日本語から英語に訳す場合でも、英語から日本語に訳す場合でも、英語で4単語という計算です。

 

翻訳料金の方も元の言語で計算する方法、例えば上記の例で英語から日本語への翻訳なら「ワード単価x4」ですし、日本語から英語なら「文字単価x9」とするのが多いですが、どちらも「ワード単価x4」と計算する方法もあるわけです。

 

じゃあ、実際の値段は...というと、本当、バラバラですね。最近はネットのおかげで大きく値崩れしているとはいえ、やはり一流の翻訳者に頼むとそれなりの費用がかかります。日本語から英語の場合で、下は1文字5円くらいから、上は50円くらいまであるのではないでしょうか?もちろん分野によっても違います。