あるべき「働き方改革」

2018.04.20 Friday

弊社も所属している経済団体「新経済連盟」が、先日、今政府で進められている働き方改革について新しい提言をしました。

 

https://jane.or.jp/topic/detail?topic_id=714

 

要点としては、「長時間労働抑制のための一律的な規制強化だけでは、新時代に対応できず国際競争力が衰退する。」ということです。これだけ仕事が多種多様化し国際化した時代に、労働時間の一律規制という前近代的な方法では競争力が低下するだということでしょう。単に時間を制限する単純な方法ではなく、実態に合わせた成果志向での働き方改革が必要だというわけです。

 

詳細資料 https://jane.or.jp/pdf/comment_20180406.pdf

 

この提言の元を考えた(と思われる)楽天の三木谷社長は、先日の講演で「働きたい自由もある」とおっしゃっていました。楽天だって創業当時はみんなで朝から晩まで働いたからこそ今日があるそうです。もちろん、どこの会社だって同じでしょう。

 

8時間に制限された労働も悪くはありません。でも16時間働くことが幸せなで生きがいに感じる人だって沢山います。仕事は多種多様、人の価値観も多種多様です。在宅勤務もいれば、夜間勤務、特殊シフトだってありえます。短時間で集中する仕事もあれば、時間をかけてゆっくりと行う仕事もあります。それを一律に「残業は月45時間以内がよい」と定めるのはいかがなものでしょう?

 

一応今の法案も専門的な仕事などある程度の例外を認めているようですが、社会保障制度、賃金制度なども含め、もっと抜本的な改革を行わなくては、日本の国際競争力がさらに低下してしまいそうで心配です。

 

(改善すべきなのは労働時間ではなく労働生産性だと個人的には思うのですが、それはまた別の機会に。)


居心地のよい状態から抜け出すこと −stay out of the comfort zone

2018.04.15 Sunday

先日の新経済サミットで楽天の三木谷社長、 京大の山中教授、 セー ルスフォースのマークベニオフ社長、 X-JapanのYOSHIKIという、 ありえない組み合わせのセッションがありました。 すごいメンパーですね。

 

テーマはイノベーションです。

 

色々と印象に残る話が沢山あった中、 特に私が印象に残ったのは「居心地のよい状態から抜け出すこと一stay out of the comfort zone」という表現でした。 誰が言ったのかは忘れましたが、 全員が大きくうなずきました。

 

多くの人にとっては現状維持が「comfort zone」に居続けることだと思います。 仕事の悪口ばかり言っているサラリーマンだって、 結局は居心地がいいから会社にいるわけですし、 勉強だってスポーツだって音楽だって、 特に上を目指さず今のままでいることが多くの 場合、 楽なはずです。

 

それをあえて抜け出すには、 相当な勇気がいります。
長年勤めた会社を辞めて事業を起こすのは一 大決心です。 他の物事でもしかりです。しかしビジネスでも何でも成功した人はcomfort zoneから抜け出し、新しいことにチャレンジしたというわけです。

 

あらためて、勇気をもって困難に立ち向かうことの必要性を認識しました。


禅の必要性

2018.04.14 Saturday

セールスフォースの創業者、マークベニオフさんの話です。ベニオフ氏は日本の大ファンで、来日するたびに京都に行って禅を組んでいるそうです。

 

で、なんと!

サンフランシスコの去年オープンした61階建のビルに入るセールスフォースの本社は、全フロアに「瞑想ルーム」があるそうです!

 

話を聞いた限りでは、畳敷きの部屋で、社員がだれでも瞑想を行うことができるものだそうです。「今の世の中、誰もが24時間ネットにつながれている。時々、離れることが必要だ。」(Need to plug-off)と言っていたのが印象的でした。

 

そういえば、スティーブジョブス氏も瞑想を行っていたそうですね。

 

本当に、通勤中も仕事中も食事中も、下手すればトレーニング中もトイレ中もスマホを手放せない私たちにとって、1日1時間くらいは「plug-off」する時間が必要なのかも知れません。


「働きたい」という自由もある

2018.04.13 Friday

正確な表現は忘れましたが、先日開催された新経済サミットの冒頭で楽天の三木谷社長がそういう内容の話をされていました。もちろん、今進められようとしている働き方改革に対する意見です。

 

働きたいという人も沢山いるし、その権利は当然あるべきだということです。それを一律に労働時間を規制してしまっては生産性が落ちてしまい、国際競争力もなくなってしまうというわけです。

 

私も同意見です。

 

働きたくない人に強制的に長時間労働を強いることはもちろん反対ですし、強制労働なら規制されるべきです。しかし逆に長時間働きたい人も沢山いるわけです。趣味として、いや生きがいとして楽しんで長時間働く人だっています。働くことがストレス解消になる人だっています。それを杓子定規的に一律に時間規制するのはいかがなものでしょうか?

 

多様化の時代です。

労働時間を規制するだけが「働き方改革」ではないはずです。色々な考え方、目標の異なる労働者が、それぞれ自己実現できるような

労働環境を整えることがこそが、今の日本に必要な本当の意味での「働き方改革」ではないでしょうか?

 

 


逃した魚は他社に取られる

2018.04.11 Wednesday

営業をやっていると、こういう変なことわざ(?)を沢山覚えます。

 

最近聞いた中で妙に頭に残っているのがこれです。

 

「逃した魚は他社に取られる」

 

例えばせっかくメールで問い合わせをいただいたのに3日も返事をしないでいると、大抵は他社に取られます。お客様のニーズをとらえていない中途半端な提案を出した場合も同じです。既存のお客様だって放っておけばライバル社に持っていかれることもあります。

 

大切なチャンス、大切なお客様を逃さないよう、常に緊張感を持ち続けることが大切なのだと思います。