超小型パソコン

2008.05.29 Thursday
最近、ちょっとはやりの超・小型パソコンです。手のひらを大きく開いたくらいの大きさ、ほぼ文庫本サイズくらいです。

小型PC

もちろん、かなり軽量です。ワイシャツのポケットには入りませんが、コートのポケットくらいには入ります。ポーチとかハンドバックには楽勝で入るサイズです。これで、通常のノートパソコン並みの性能があります。しかし...

やはりキーボードはかなり打ちにくいですね。仕方ありませんが。もちろん両手で普通には打てず、また人差し指だけで打っても横のキーに触ってしまいます。ミスタイプが続出します。

結論として、どうも中途半端なのです。持ち運び重視なら、キーボード付きの高性能携帯電話、使いやすさなら、通常のノートパソコン。言い換えれば、大か小。中はどっちつかずな感じがします。(あくまで個人的な感想です。)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック