米国Uber体験

2016.06.19 Sunday

今回の出張話の最後はUberです。

 

ご存知の人も多いかと思いますが、米国発のスマホサービスです。車を持っている一般人が、暇な時間に人を載せて小遣いを稼ぐというもので、早い話、素人運転手のアルバイトです。一方、利用者はスマホアプリのGPSで自分の居場所を指定しボタンを押せば車が迎えに来る仕組みで、超便利です。支払いは事前登録のカードだし、ドライバーはネットの評価を恐れて超サービス優秀で、きもちいいのです。

 

しかし、日本では法律上、一般人が自分の車で有料サービスができないため、運転手はハイヤータクシーの空き時間利用に限定されています。一般タクシーの登録もあるようですが、数が非常に少なく、実質的に使えません。なので、日本と米国ではまったく違うサービスなのです。

 

uber1.jpg

 

で、今回、米国で使うために米国専用にしているスマホに英語版アプリを入れて用意していったところ...。なんと。日本で普段使っているアプリを米国で開けば、自動的に米国仕様になりました。

 

uber2.jpg

「ハイヤー」の意味がないですけど...何かの誤訳かも知れません。でも、この自動切り替えは優秀ですね。

 

日本とは違って、色々なサービスがあります。この「Pool」というのは相乗りで、同じ時間に同じ方向に行く人を募って相乗りするというやり方です。これも日本ではNGでしょう。私は利用しませんでしたが、かなり安く済むそうです。

 

運転手さんに色々と聞いたところでは、米国も州によって法律が違い、ニューヨークでは日本同様に免許がいるため素人ドライバーはできないとのことでした。その前に乗ったワシントンDCでは、素人もOKだそうです。ただ、どちらの場合もUberの厳しい審査とトレーニングが最初にあり、お客さんからのオンラインでのフィードバックがあるために、ちょっとでもマナーが悪かったり運転が雑だったり、車が汚かったりするとアウトになるそうです。スピード違反もNGです。なので、日本のハイヤーか、それを上回るレベルです。

 

一般タクシーに乗ったときに、「Uberの影響はどうだ?」と聞いたところ、客層が違うし、関係ないとは言っていましたが...ものすごく影響はあるでしょう。

 

米国で一度使ってみると、もう通常のタクシーに乗る気はしません。ネットで見ると多くの人が同じ意見でした。2009年にスタートしたUberがものすごい勢いで成長しているのも納得です。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック