95%の車は止まっている

2017.04.10 Monday

これ、考えてみたら当たり前かも知れないのですが、衝撃的な事実だと思いませんか?

 

「止まっている」というのは信号で停止しているというのではなく、駐車場で寝ているという意味です。タクシーやバスなど商用車を除けば、確かにそうかも知れません。週末しか使われない自家用車、レンタカー...などなど、多くの車は稼働している時間よりも寝ている時間の方が圧倒的に多いはずです。

 

この95%を上手に活用しようというのがシェアリングエコノミーの考えです。

 

空いた時間で個人が自家用車でタクシーサービスをするというUberは世界的に大ヒットしていますし、普段使っていない車をレンタカーにするというサービスも米国などで既に始まっています。いずれも日本では法律で規制されているため、出来ません。

 

車だけではありません。家や駐車場も、無駄な空き時間を活用するためのサービスがドンドン普及していっています。労働力だってそうです。

 

消費者の安全を守るための規制は大事ですが、時代に合わせた規制改革を進めていくことが強く望まれています。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック