中国向けの動画はYouku、では中国にいる英語圏の人向けの動画は?

2017.04.12 Wednesday

ちょっと面白い話だったので書いておきます。

 

中国本土では規制によりYouTubeにアクセスできないため、一般的に中国語ホームページに動画を載せるときは中国版YouTubeともいえるYoukuを使用します。(香港、台湾はYouTubeでOKです。)

 

さて、英語ホームページに載せる英語の動画はどうでしょう?

欧米向けならもちろんYouTubeで構いません。しかし、それでは中国本土にいる欧米人が見ることができません。

 

ただ、実際のところ、中国本土在住の方でも頻繁に英語ホームページをご覧になる方の多くはVPNを使っているので、YouTubeを見ることが可能なはずです。もちろん本土在住でもVPNを使っていない方は見ることはできません。その点、Youkuなら問題なく中国で見ることができます。中国だけでなく、米国や欧州からも見ることができます。つまり、Youkuの方がカバー範囲は広いです。

 

それなら英語版もYoukuにしておいた方が無難か...というと、そうでもありません。

 

表示はされるものの、Youkuは操作が中国語ですし、最初に出てくる広告も中国語なので、英語しかわからない人が見るとかなり違和感があります。動画自体は英語になっていても、開いた瞬間中国語が出てきたら閉じてしまう可能性もあります。


結局は一長一短かと思います。
ターゲットに合わせて選択するしかありません。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック