ぼーっとする時間の減少

2017.04.13 Thursday

久々にコーヒーショップに1人で入ってふと思ったのですが...最近、こういうところでボーッとして何かを考えたりする時間って、ほとんど無くなっているような気がします。私だけでなく、みなさん同じでしょう。

 

電車を待っている時、レストランで食事を待っている時なども同じです。以前なら本でも持っていない限り、その時間は色々な考え事をしたり、あるいは何もしないで休んだりしていたものです。

 

そう。

今なら絶対と言っていいほど、そんな時間はスマホで何かをやります。メールをチェックしたりニュースを読んだり、何かの情報収集をしたり。(いや、ゲームをしている人が大半かな?)

 

誰もがこうした「スキマ時間」をとても手軽に100%有効活用できるようになったのは素晴らしいことです。しかし反対に、その時間にゆっくりと休んで気分転換したり、何かを考えたりということが極めて少なくなったと思うのです。

 

旅行先でも、近所の初めて行く店でも、待っている間に店内を色々と見渡したり、行き来する人を見たりするのも楽しいものでした。でも今はどこへ行っても待ち時間はスマホを使うので、そんなことはしなくなりました。

 

本当に忙しくて時間が1分でも惜しい時はそれでいいのですが...。気分転換したり何かを空想したり考えたりという時間が激減したのは残念な気もします。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック