翻訳の確認、再確認

2017.04.14 Friday

実は...翻訳や外国語関係の仕事をやっていると非常に多くあることなのですが、誰かが翻訳した文章を別の人にチェックさせると、かなりの確率で厳しい指摘が返ってきます。「間違いだらけですよ」というコメントを受けることが頻繁にあります。しかしそれを元の人に返すと、大抵は、「いや、これで合っているはずだ。」となってしまいます。

 

判断できずに困って、まったく別の人に確認させると...やはりまた(さらに)別のコメントが沢山来てしまいます。

 

明らかな間違いなら否定のしようがないと思いますが、日本語同様、他の言葉も人によって正しいと思っていることが違いますし、「ゆれ」があることもよくあります。

 

翻訳の仕事で常に頭をいためるところです。

 

恐らく誰でも100%完璧ではなく、更に他の方に確認させると違う点も出てくるでしょう。

 

日本人が書いた日本語の文章だって、同じことがよくありますね。個人のブログやメールはもちろん、広告の文章だって変なところが沢山あります。

 

しかも多くの国は多民族国家であり、人によって背景も教育水準も全く違います。年齢差や地域による違いも大きいはずです。日本の方言や年齢による違いとは比べ物にならないほど大きな違いがある場合もあります。

 

結局、完璧を狙うためには、1-2人ではなく、時間をかけて何人もの人に意見を聞くしか方法は無いと思います。
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック