自動運転の責任者

2017.05.06 Saturday

自動運転が時々ニュースなどでも取り上げられるようになってきました。それだけどんどんと進化していて、実用化が進んでいるということでしょう。まだ100%完全自動ではなく、人が運転席に座っていて一部自動という段階のようです。

 

しかし…私がいつも疑問に思うのは、100%自動化した場合、事故の責任は誰がとるのでしょう?やはり乗っていた人でしょうか?

でも自動運転が便利なのは、寝ていても目的地に着けるとか、お酒を飲んでも車で帰れるとか、体が不自由でも車で移動きるか、(少なくとも私にとっては)そういうことだと思うのです。でもお酒を飲んで寝ていた人は判断力がないわけなので、事故の責任というのは無理がある話ですね。

 

だとすれば、やはり飲酒した状態で乗るのは禁止になってしまいます。あるいは自動車メーカーが責任を取らなければいけないとか。でもそうすると、そんな莫大なリスクを取ってまで自動車メーカーは自動運転を開発したがらなくなるかも知れません。

 

何か対策が論じられているとは思いますが、決定打はなさそうです。


 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック