ネットは超・平等!?

2017.05.14 Sunday

日本は法律で平等が保障されていますし、あらゆる意味で世界に例を見ないほど平等な国です。しかし現実は、もちろん完全にすべてが平等ではありません。不公平も沢山あります。

 

ネットの世界はと言うと…日本という国の現実以上に平等です。

 

まず地域格差がありません。ネット高速回線がつながっているところであれば、田舎でも都会でもまったく平等です。同じ土俵で勝負ができます。

 

また、男女差別、年齢差別、学歴差別もありません。

 

それから大企業と零細企業の差も、現実ほどはありません。やり方次第では、資金力がない零細企業が大企業と同等に戦うことが可能なのです。こう考えると、現実をはるかに上回る「超・平等」な世界だと思うのです。

 

しかし、ここまで平等であるということは、見方を変えればライバルが非常に多いということです。入り口が広く誰でも平等に参加することが可能です。つまり、ネットでの勝負は現実以上に厳しいわけです。

 

誰でも勝つことはできますが、簡単に勝つことは絶対にできません。頑張った人だけが勝つ、非常に厳しい競争社会です。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック