大地震の体験

2017.05.13 Saturday

先日のIT展示会で、震度7の大地震というのを疑似体験してきました。

 

 

こんな地震体験装置が展示会に置かれていて、誰でも体験できるというので、私も早速乗ってきました。

 

震度7というと、阪神淡路大震災の最大震度です。実際に体験してみると、想像をはるかに上回るゆれでした。疑似体験だから安全とわかっていても、すごい恐怖を感じました。これが現実なら、どんなに怖いことか...と思います。

 

さて、この体験マシン、消防署などの防災用かな...と思いきや、これをIT展示会で出していたのは、データセンターのインフラを作っている会社でした。これだけの地震が発生しても最新鋭の免震装置ならゆれを吸収できるので、システムが無事保護できるというわけです。

 

これもITには欠かせない、大切な先端技術だと思います。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック