インフルエンサーマーケティング

2017.05.16 Tuesday

早い話、芸能人や人気ブロガーにお金を払って記事を書いてもらって宣伝する方法です。

 

日本でも時々使われていますが、中国を筆頭にアジア諸国では頻繁に使われています。それだけSNS、ブログを使った口コミの威力が強いのでしょう。先日行ったITエキスポでは、これを引き受ける専門会社というのもありましたし、ネット広告会社やSEO会社がサービスの1つとしてやっているのもありました。

 

もちろん、ネットならではのマーケティングですが...。別にネットだけというわけではありません。

 

例えばテレビのグルメ番組で有名人が店を訪ねて行って、「美味しい〜。」とやるのも、インフルエンサーマーケティングと全く同じですね。これがネット時代になって、簡単にできるようになったことと、場合によってはテレビ以上に影響力が出るようになったということが大きなポイントです。

 

ちなみに、使ってもいない製品を使っているかのような書き方をしたり、明らかに事実と違うことを書いたりすると法律に抵触する可能性もあるそうです。また違反でなくても、やり方によってはユーザーから反感を買うこともあります。

 

インフルエンサーマーケティング自体は何も悪いことではありませんが、慎重に行う必要があると思います。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック