慣れると意識しなくなる表示

2017.05.18 Thursday

今のオフィスに引っ越してきたとき、退出の際に忘れてはいけないことをリストにして出入口の目の高さのところに貼っておきました。​

 

最初の数週間はオフィスを最終退出するときに必ずこれを見て1つずつ電車の運転手さんのように「よし!よし!」なんて指で確認していたのです。それが慣れるにつれて、パッと見て「うん。大丈夫。」って程度の確認になってしまい...そのうち、気にもしなくなってしまいました。もっともちゃんと確認が習慣化されたので、忘れることもなくなりましたが。

 

しかし、同じものがずっと同じ場所にあると風景と一体化してしまい、まったく気にならなくなるものです。家の家具、街の看板、新しい店などでも同じです。意識できるのは最初のうちだけですね。

 

DMや広告だってホームページだって、変化がないとなじんでしまい効果がなくなるのがよくわかります。注目されるためには、やはり変化が必要なのです。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック