パソコンの容量節約

2017.06.06 Tuesday

まあ最近のパソコンはハードディスクが大容量なので、動画や音楽を大量に保管していない限り一杯になることはないと思うのですが。それでも例えば容量が小さなSSDなどを使っていると、すぐに一杯になるかも知れません。

 

 

で、そんな時はどこに負担があるかチェックして不要なファイルを削除していくしかないのですが、多くのファイルやソフトは意外と重くなく、実はごく一部だけが異常に重たく、それがほとんど容量を食っている...ということがよくあります。

 

「2:8の法則」はここでもしかり。わずか2割のファイルやソフトが全体の8割を利用しているというわけです。なので、そんな時はこの原因となっている数個を見つけて削除するのが最優先ですね。対して重くもないファイルをいくつ削除しても効果は限られています。

 

私は、原因のファイルを探す際は「treesize free」というソフトを使い、まず全体の容量のランキングを出しています。案の定、上位の数個が莫大な容量を使っているので、不要なものを2-3削除すれば終わりです。小さなファイルを100個削除するよりも簡単で効果的というわけです。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック