土用丑の日を休みにする鰻屋さん

2017.07.10 Monday

この季節になってスーパーなどで「土用丑の日」なんて書いて鰻が大量に売り出されているのを見ると、思い出します。

 

何年も前のことです。店名は書きませんが、結構有名店です。まさに、土用丑の日に食べに行こうと思って電話してみると、「その日は休業です。」と言われました。定休日ではないはずなのに...と思って調べてみると、どうやら土用丑の日は毎年休業にしているとのことです。

 

そ、それって、すごいことですよね...。

鰻屋さんにとって、1年で一番儲かる日でしょう。それをあえて休みにするということは、フランス料理屋さんがクリスマス休業とか、神社が元旦休業にするのと同じです。

 

あくまで想像ですが、その日は常連は絶対に来ないし、一見客ばかりで、店の雰囲気が乱れ、トラブルも起こりがちだからかも知れません。土用丑の日でなくても常に満員状態の店であれば、その日に商売したところで、普段の日と同じなのです。それなら、一見客ばかりでトラブルも多くなるような日を休みにするのが正解...という判断なのかも知れません。

 

まあ気持ちはわかりますが、商売としては随分思い切った決断だと思います。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック