超ハイテク回転寿司

2017.07.23 Sunday

こういうタイプの回転寿司って、何年か前からあります。私は先週、かなり久々に行きました。

 

 

通常の回転寿司と違い、作られた寿司がぐるぐる回っているのではなく、注文を受けてから作られます。そのため常に握りたてだし、無駄がありません。で、注文は声を出して頼むのではなくタッチパネルです。写真を見て選択していき、いくつかたまったら合計金額を確認して注文ボタンを押すという、ネットショッピングと同じ形式です。数分後、注文した寿司がベルトコンベアで自動的に自分のテーブルに到着します。

 

まあ、今の技術を考えれば別に難しいことではないですが...。

 

これを使うと、職人さんや店員さんとの会話は一切なし。職人さんが握っている姿を見ることも無ければ、ウェイトレスさんの笑顔を見ることもありません。すべてが完全なまでに機械的です。

 

私はハイテク推進派。超・推進派です。(と、いうか、それが仕事ですが。)

もちろんこういう先端技術を使った効率的なやり方は大歓迎です。

 

しかし...やっぱり抵抗がありますね。

人の顔を見ることがなく、「美味しい!」「ありがとう!」「ごちそうさま!」の会話すらないのは、寂しすぎます。寿司も気のせいか味気なく感じてしまいます。

 

人と話すのが面倒な現代人はこの方がいいのでしょうか?私の考えはアナログなのでしょうか?これからの時代は、これでいいのでしょうか?

 

あれこれ考えてしまいます。

 

...そう。ところでこの仕組み、英語版や中国語版があると、すごい便利ですね!店員さんが外国語対応する必要がありません。この千葉の店はありませんでしたが、渋谷や銀座だとどうなのでしょう?

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック