顔認証システムの実用化

2017.07.28 Friday

これ自体、何十年も前から言われていたことですし、映画の中では更に前から出ていました。でもやっと実用化が進んできている様子です。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/26/story_n_17593944.html

 

多くの人が出入りするところの防犯カメラで、指名手配中の人やブラックリストに載っている人を瞬時に判断するという仕組みです。空港に設置しておけば、犯罪者が不正入国するのを防ぐことができます。日本のNECが世界でトップの技術があるというのは嬉しいですね。この仕組みを使えば日本の犯罪率が更に大きく低下することでしょうし、世界の犯罪減少に大きく役立つでしょう。

 

これの応用としては、高級ホテルなどで常連客やVIPの顔をあらかじめ登録しておけば、到着したと同時に完璧な対応が出来るというものです。これまでベテランのフロントマンにしかできなかったことが新人でも誰でもできるようになるわけです。

 

まだ現状ではミスが15%程度あるそうですし、マスクやサングラスで顔を隠されると認識しにくくなるようですが、将来的にはAIを使って、変装や整形や加齢による変化も自動判断できるようになるはずです。

 

プライバシーの問題とかはあるものの、大いに推進されるべきだと思います。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック