場所が悪い店

2017.07.29 Saturday

「飲食店の成功は場所と店長の人格」と、ある店の経営者が言っていました。別の人は、「場所と味」と言っていましたし、「場所と値段と味」と言っている人もいます。

 

そう。いずれにせよ共通しているのは場所なのです。

 

それは飲食に限らず、一般個人客を対象にした店舗でれば、ブティックでも床屋でも同じでしょう。素人でもわかることです。

 

しかしですね...。

ビックリするような不便な場所にあって、予約が取れないくらい流行っているレストラン、常に大行列のラーメン屋もありますね。それは「場所」ではなく、もう片方の方が場所のマイナス面を補うくらいに強烈に強いということに他なりません。味だったり、店長の営業力だったり。

 

反対にいうと、場所が悪い店は失敗する確率が高いということです。店を出すときは(大抵は)自信満々ですし、「ウチは味で勝負だ!場所が悪くても成功している店は沢山ある。」というのですが、成功しているのはむしろ例外。

 

自信満々なのは素晴らしいことです。

でももう一度一歩下がって、業界の先輩や成功者、周りの人の意見をよく聞いて、じっくり検討するべきだと思います。
私は門外漢ですが、成功例と同じくらい失敗例も沢山見てきているので...。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック