多言語での住所指定

2017.07.31 Monday

意外な盲点でした。

 

海外向けネットショップを運営する場合、英語と日本語だけなら通常何の問題も起こりません。しかしこれに中国語が加わった場合、もちろんページの表示は問題ないのですが、やっかいなのがお客様の名前や住所の中国語入力です。

 

当然、文字化け対策などを行うので入力した中国語がそのままメールになって日本の管理者に届くものの...問題はその先です。

 

届いた住所を使って配送の手配をするため、運送業者のホームページの管理画面などに、その配送先の住所を転記しますよね?その際、業者のホームページが中国語に対応していなければアウトです。日本語にもある漢字ならいいのですが、日本語にない漢字は代替が使われるか文字化けするかになってしまいます。中国語だけでなく、韓国語やタイ語、ロシア語も当然アウトです。

 

相手の方が自国語で情報を送ってきた場合、その先の処理のことも考えておくことが重要です。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック