非SSL対応のフォームに対する、Chromeでのセキュリティ警告

2017.08.18 Friday

今朝突然、グーグルからこんなメールが送られてきました。

 

chrome_warning.jpg

弊社が管理しているホームページに付いている問い合わせフォームがSSL対応していないので、10月からはChromeブラウザーで使う際に警告が出るようになるということです。

 

数年前からグーグルはSSL化を推進してきました。最初はフォームのみだったのが、最近では最低フォームは必須、さらに全ページSSL化することを推奨しています。

 

既に今でもSSL化されていないページには小さな警告が出ています。

 

sample1.jpg

 

ただ、左上にある小さな「i」ボタンを押してやっと説明が出てくるくらいなので、気にする人は少ないでしょう。下記はSSL化されている例です。

 

sample2.jpg

 

こうして比べればわかりますが、そうでないと一般の人は気づかないと思います。

 

それが、今回10月の変更でどうなるかは未発表なものの、恐らくはかなり大きな警告が出るのだと推測します。

 

この変更により、フォームのSSL化は「あった方がいい」でなく、「絶対に、絶対に必須!」になるようです。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック