なぜか普及しないネット専業銀行

2017.12.30 Saturday

実際に法人でどのくらい使われているのかは不明です。でも私の取引先で口座に楽天銀行やジャパンネット銀行を指定してある会社は極めて少ないと思います。やはり三菱UFJ、みずほ、三井住友が断然多いと思います。

 

しかし...不思議なのは、みなさん、ATMや銀行の窓口に足を運んでいるのでしょうか?ウチなんて入出金も少ないので毎日確認することもありませんが、大きな会社なら毎日必ず口座の出入りを確認しているはずです。

 

当然、メガバンクでもネット取引が可能です。でも手数料が高すぎます。ハッキリ言って、「ばか」みたいに高いです。

 

(楽天銀行のページから引用)

 

メガバンクのネット取引って、加入しているだけで月2,160円の固定費用がかかるんですよ!しかも振り込み手数料は窓口並に高いのです。おかしいでしょう!ちょっと考えられません。銀行側もネット取引の方が人件費も場所代も節約でき、メリットがあるはずなのに。

 

もちろん大企業なら月2,160円の固定費用なんて痛くもかゆくもありません。でも例えば他行振込みが月100件あれば、それだけで5万円の損失です。振込みの質が変わるわけではあるまいし、無駄以外の何者でもありませんね。

 

やはりメガバンクの方がネームバリューがあるとか、信頼できるとかみなさん思っているのでしょうか?

 

システムは急速に進歩しても、人の根本的な考え方を変えるには時間がかかりそうです。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック