2018年のホームページ事情・大予想

2018.01.02 Tuesday

なんと!

大胆にも、私が独断と偏見で勝手に2018年の傾向を予想してしまいます。

 

1.スマホ対応は必須になる

この2-3年で言われているホームページのスマホ対応が、まず「あった方がいい」という段階からスタートしたものの、昨年は、「是非、対応するべき」になりました。そして今年は「必ず対応すること」になるでしょう。個人ユーザーだけでなく企業ユーザーまでもがスマホを使い出した昨今、グーグルもスマホ対応を強く推奨していますし、スマホ対応していないホームページは検索で既に不利になってきています。またユーザーも使いやすいスマホ対応ホームページに慣れてきているので、スマホで見たときに対応されていないホームページは使いにくく感じるようになってきました。

 

2.スピードが大事になる

昨年後半くらいからグーグルがしきりにスピードのことを言うようになってきました。これもやはりスマホが普及したことと、まだネット環境が十分に発達していない国でもスマホが多く使われるようになったことから、表示に時間がかかるホームページが嫌われるようになってきたことが背景にあるのだと思います。少し前までは画像を大きく使ったホームページ良いとされていましたが、流れは逆戻りし、特にスマホ向けのホームページは画像を最小限に抑えたほうが今後は良さそうです。

 

3.セキュリティが厳しくなる

去年もネット上で色々な問題が起こりました。ネット上の犯罪、ハッキング、詐欺、情報漏えいに対するセキュリティが今年はますます厳しくなるでしょう。問合せフォームのSSL化は必須、全ページのSSL化(AOSSL)も「対応した方がいい」というレベルから「是非対応するべき」に変わることが予想されます。

 

いずれもユーザーの利便性に大きく影響することであり、それに伴い、検索順位にも影響が出てくることです。私たちも既存、新規のお客様にこれらの改善を今年は積極的に提案していこうと思います。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック