賑やかな入口の演出

2018.01.04 Thursday

正月のショッピングセンターを歩いていてふと気付いたことがあります。

 

どうやら、どの店も入口付近に目玉商品を置いて人を集め、賑やかさをわざと演出しているようなのです。

 

入口に黒山の人だかりが出来ていると通りがかった人は当然、「何だろう?」と思って中を見たくなってしまします。そうして中に入って行くと...意外と店の奥のほうはガラガラだったりするのです。試しに何軒か回ってみましたが、30人くらいで一杯になるお店でも1フロアに数百人入れる大きな百貨店でも同じでした。

 

これってホームページにも共通点があります。トップページに賑やか感があると、ついつい先に進みたくなってしまうものです。日本一のアクセス数を誇るヤフーのトップページがいい例でしょう。楽天も同じです。

 

一方欧米ではシンプルな方が好まれる場合も多いようです。グーグル、アップルなどがその代表例です。私たちも実はこのシンプルなデザインも好きなのですが、実際問題として、日本では上記のような賑やかな入口が好まれる傾向にあると言われています。

 

ただしいずれの場合もわかりにくいのは厳禁です。賑やかにしつつ、わかりやすいナビゲーションをつけておくこと、あるいはシンプルでも何が書いてあるのかが一目でわかるようにしておくことは必須だと思います。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック