English/Japanese?

2018.03.20 Tuesday

よくホームページの右上に「English/Japanese」というボタンがあって、言語が切り替えられる仕組みになっています。

 

特に私は深く考えていなかったものの...ふとお客様から聞かれて気付いたのですが、英語が「English」なら日本語は「Japanese」ではなく「日本語」であるべきですよね?なので、「English/日本語」となっているべきなのです。確かに韓国語ならハングル語で、中国語なら中国語で言語表示をするのが、ユーザーの目線だというわけです。

 

ところが、1つオチがあります。

英語ホームページで日本語を「日本語」と書いておいた場合、英語しか対応していないPCで見ると「日本語」が文字化けしてしまうのです!もちろんこれが「Japanese」なら正しく表示されます。

 

日本語のパソコンなら、日本語でも英語でも対応できるので正しく表示されますが、英語専用のパソコンなら英語以外に対応できないのです。なので、「日本語」と常に正しく表示させるためには、この部分を画像にしておく必要があります。ハングル語、中国語なども同様です。

 

結局のところ、「English/Japanese」という表示が一番安全で簡単というわけです。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック