不完全な外国語ホームページ

2018.04.06 Friday

海外で作られた日本語ホームページで非常に多い例です。

 

sample2.jpg

 

元々英語版WordPressなどのテンプレートを使って作られた英語ホームページの英語を日本語に置き換えただけの「日本語」ホームぺージの場合、上図のようにフォームのエラーメッセージなどに英語が残っています。表面的に見えるテキスト部分を英語から日本語に置き換えるのは簡単ですが、システムの奥深くに入っているエラーメッセージや警告メッセージなどまでを完全に日本語化することは非常に難しいのです。

 

さらに、こういうところも英語のままになっていることが多々あります。

 

sample.jpg

 

これはホームページの裏側にあるHTMLコードです。ここの先頭に使用する言語をしていする箇所がありますが、ここも日本語ホームページなら本来「jp」になっていなくてはなりません。この例では英語を意味する「en」のままです。これでは検索エンジンが最初にこのページに来た時に、英語のホームページであると認識してしまいます。

 

もちろん、逆の場合、つまり日本語から英語にする場合もまったく同様です。

 

表面だけでなく中身まで完全に外国語化しなくては、その国のホームページとして通用しないので注意が必要です。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック