よくある「システムエラー」の大半は人的エラー、でも自分だって...。

2018.04.22 Sunday

「パソコンの調子が悪くて...」という場合、大抵、いや、9割はパソコンが悪いのではなく使っている人が悪いものです。正しく操作していなかったためにおこるエラーが大半なのです。

 

「メールが使えません!」という場合も同じです。よく聞いてみると設定時にスペルを間違ったり、セキュリティ項目のチェックが間違っていたり、そんな問題がほとんどです。本来、マニュアルを自分でじっくり見て、間違い探しをすればすむことなのですが...ついつい「機械が悪い!」と考えてしまうのは人の悲しい習性なのかも知れません。

 

もちろん私達だって同様です。「お客様、ちゃんと確認しましたか?」なんて偉そうなことを言いつつ、よく見ると自分たちのミスだったということも多々あります。

 

しかしお客様は素人で当然、こちらはプロで当然です。お客様のミスは何ら問題はないものの、私たちのミスは大きな問題です。

 

やはり体制をしっかり築き、まず私たち側から初歩的なミスを防ぐようにするしかありません。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック