レントゲン写真の判断と、ホームページデザインの判断

2018.04.30 Monday

ふと思ったのですが...。

 

胃のレントゲン写真を見て、それが健康か異常か、異常なら何の病気かを自分で判断する人は(医者でない限り)いないでしょう。判断するには専門的知識が必要であることは誰でも知っていることだからです。

 

一方、ホームページのデザインを見て、良し悪しを自分で判断する人は結構多いと思います。素人でも簡単に判断できると思うからです。

 

これは正解でもあり、間違いでもあります。

 

確かに、カッコいいか否かは誰にでも判断できます。また、「色が良い/悪い」「暗い/明るい」「派手/シック」のような判断、「画像をもっと増やして!」「動画を沢山入れて!」「文字を大きく!」くらいの注文は、やはり素人でも出来ます。

 

しかしですね...。

以前書いたように、デザインには1.見かけ、2.実用面という二つの要素があります。(2018年2月20日 デザインの要素

 

上記のような判断は、この中の1にすぎません。実用面というのは、例えば訪問者にとって分かりやすく使いやすいか、Googleが認識しやすい構成か、多種多様なパソコンやスマホでも正しく表示されるか、表示されるスピードは速いか...などのかなり専門的な要素があります。もちろん海外向けの場合はターゲットとしている国のネットワーク環境や、現地仕様のパソコンのことも考慮しなくてはなりません。この辺のデザインの判断は、ホームページ制作の専門家でないと難しいハズです。

 

残念ながら、「レントゲン写真じゃあるまいし、ホームページデザインなんて素人でもわかる」と思う人が大多数ですが、素人判断は危険ですよ。是非、私達、専門家に任せてください!

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック