ピンキリある翻訳料金

2018.05.18 Friday

一応、相場というのはあるのですが...その上下差が大きく、あまり「相場」にはなっていないように思えます。

 

例えば日本語から英語への翻訳は、(無料の機械翻訳は別として)人間が行う翻訳で1文字5円から40円くらいまであるでしょう。原稿用紙10枚(=4,000文字)翻訳したとして、下は2万円、上は16万円なので、ものすごい差だと思います。

 

しかしですね...。

その違いが何ともわかりにくいのが難点です。

 

衣類やアクセサリーと違って目に見えないものですし、特にブランドもありません。さらに外国語に翻訳された文章を見て、それがどのくらい上手に訳されているかは、その言語に精通している人で無い限りわかりません。よく、「アメリカ人の友人にチェックしてもらったら、間違いだらけだった」なんていう人もいますが、そのアメリカ人の友人さんが、どのくらい英語表現に詳しいかは疑問です。私の「日本人の友人」だって、日本語がめちゃくちゃな人が沢山います。

 

それはさておき。

5円〜10円くらいまでの料金だとネイティブチェックなどが入っておらず、フリーランサーなどが1人で訳している場合がほとんどです。その上のクラス、つまり15円〜くらいだと、2重チェックが入り、さらに上だと原文との確認を別の人がやるという具合です。このレベルだと翻訳も本職の熟練者がやることが多いようです。

 

翻訳は出来上がりが見えずにわかりにくいだけに怖いものです。

しかし変な外国語文章をホームページに載せていたのでは、大切なビジネスチャンスを逃すことになり、大きな機会損失になってしまいます。

 

できればここで下手に節約せずに、しっかりとした翻訳者を選びたいものです。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック