丁寧すぎる日本語の直訳

2018.05.22 Tuesday

日本語は必要以上に丁寧なことがよくあります。

 

例えば、近所の大衆中華料理店でメニューにこんなことが書いてありました。

 

 

「マヨネーズ:50円」と書いておけばすむことなのに、これを長い文章にしています。(しかもちょっと変です。)

 

で、Google翻訳するとこんな感じです。

Customers who wish mayonnaise will prepare with 50 yen + tax.

 

やはり元の日本語で主語がわかりにくいからでしょう。この英文だと、マヨネーズを希望する人がマヨネーズを用意することになってしまいます。日本語が完全にわかる人なら「ご用意いたします」敬語の使い方から、主語、つまり用意する人は店員だと理解できるのですが、機械だとこの文章の主語は「お客様」だと判断してしまうのでしょう。まあこれは日本語の原文にも問題がある気がしますけど。

 

これを格安翻訳者や一直線(?)な翻訳者が訳すと、「For customers who wish mayonnaise, we will prepare it for 50 yen + tax.」のような文章になってしまうかも知れません。しかし英語圏の人が読むと、かなり違和感があるはずです。

 

もちろん正解は「Mayonnaise:50YEN」ですね。

 

文化の違い、商習慣の違いまでを考えた翻訳は、やはり難しいものです。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック