世界チェーンの強み

2018.05.24 Thursday

渋谷に沢山建設中の高層ビルがありますが、そのうちのいくつかには外資系のホテルが入るようです。近年、東京の老舗高級ホテルや日本の全国チェーンのホテルは元気がないのに、外資系の高級ホテルが一気に増えてきた感があります。さらに今後も増える見込みです。

 

先日大阪で外資系のホテルに泊まっていてふと思ったのですが…。こうした世界チェーンのホテルは、外国人観光客を取り込むのが実に上手です。当たり前ですが、スタッフ全員が英語に長けていますし、サービス、施設など色々な点で異文化に対応できるようになっています。

 

そして…何よりも強いのは、世界中に集客ネットワークがあることでしょう。世界をターゲットとしたネットでの営業はもちろん、世界各地の旅行代理店を通しての営業もお手のものです。日本の景気が悪い時でも景気がいい国から集客できるのです。この点、長年国内営業にほぼ特化していた日本のホテルは非常に弱いのではないでしょうか?

 

これはどんな業種でも同じです。世界的にマーケットを持っている会社は国内に特化している会社に比べて、国内が不況のときでも対応力があるというわけです。

 

私たちも規模は小さいものの、世界をターゲットにマーケティングしていきたいところです。
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック