使いにくい「あいうえお」順の住所選択

2018.06.18 Monday

随分前にも一度書いたかも知れません。

 

日本の住所で県名選択が「あいうえお」順になっているのは非常に使いにくいと思います。かと言って北から順になっているのは(北海道の人には便利ですが)多くの人にとって不便です。

 

今回見つけたのは...米系ホテルチェーンの予約ページ。

 

 

場所を選ぶために国と「州・省」「市」というのを選ばなくてはなりません。その選択肢が、なんと、日本語で「あいうえお順」なのです。

 

 

もちろん、その下にある州や市の名前も(ご丁寧に)日本語表記になっていて「あいうえお」順でした。例えばサンフランシスコを選ぶためには「アメリカ合衆国」「カリフォルニア州」「サンフランシスコ市」を1つずつ、あいうえお順のリストから選択しなくてはなりません。

 

ところが!

英語版は、検索窓に自由に書けるのです。

 

 

これなら簡単です。

恐らく、この検索の機能が日本語化できなかったのでしょう...。

 

まあ技術屋としてはわからなくもないですが、しかしユーザーの立場で考えると使いにくくて仕方ありません。これだけ大きな会社で多くのユーザーがいるシステムなのだから、もう少しお金をかけて頑張って使いやすくして欲しいものです。

 

ここで節約することによる長期的な損出は大きいハズです。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック