「健康こそ最大の資産」

2018.06.22 Friday

どこかの病院のキャッチフレーズで見ました。ありがちな言葉ですし、そのままスルーしてしまいそうですが...。これよく考えたら、真理をついている、とても意味深い言葉だと思うのです。

 

「わかっちゃいるが止められない」などと自分に対して子供じみた言い訳をして、自己健康管理を怠っている人が沢山います。食べすぎな人、運動不足な人、酒やたばこを絶てない人...。昔と違い、これだけ世の中に健康に関する情報があふれていて、道具も施設も揃っていて誰でも手軽に健康管理ができる時代だというのに、前近代的な人が何と多いことでしょう。

 

IT同様、健康管理に関して日本より数十年進んでいる米国では、自己健康管理が出来ないような人は偉くなれないと言われています。確かにアメリカのトップビジネスマンの大半は、早朝からジョギングしたりジムに行くなど、ビックリするくらい健康管理を大事にしています。喫煙者はむしろ例外的ですし、アルコールもほどほどにしている人が大多数です。「健康管理ができないヤツ=仕事ができないヤツ」と思われて当然なのです。これからの日本もそうなっていくでしょう。

 

「飲まないヤツとは仕事ができん!」「こんな仕事、飲まなきゃやってられない。」なんてアホなことを言っている時代じゃありません。

 

「健康こそ最大の資産」

本当にいい言葉だと、私は思うのす。

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック