エレベーターの最適化

2018.07.18 Wednesday

サンフランシスコのホテルで見つけました。行き先を指定するボタンがエレベーターの中にあるのではなく、外にあるのです!

 

 

私は初めてです。知らずに乗って中でボタンを探してしまいました。中には開くと閉じる以外のボタンがないのです。同じように困っている人が何人かいたので、米国でも珍しいのでしょう。

 

これって…素晴らしいと思います。このホテルはエレベーターが5台あるのですが、全員が乗る前に行き先を指定することにより、エレベーターの割り当てを最適化できるというわけです。つまり、同じ階に行く人は同じエレベーターに乗せれば効率がぐっとよくなります。通常なら、例えば5台あるエレベーターが全部24階に行ってしまうことがあるのに対して、この方法ならA車は24階行き、B車は12階行き…というふうに目的階ごとに分けることができるので、時間を大幅に短縮できます。当然、多くの人が時間を節約できる上に、エネルギーの節約にもつながります。

 

行き先ボタンを中でなく外につけるだけのことです。何でこれまで誰も気付かなかったのでしょう?そのうち、(いや、もしかすると既にやっているかも知れませんが)AIを導入すれば究極に効率化できること思います。

 

是非、世界的に普及してほしい仕組みです。
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック