「遅れるときは公衆電話に並んででも相手に連絡すること」

2018.07.27 Friday

これは最初の会社に入った時に教わったことです。

 

仕事の約束に遅れそうなときは、もし公衆電話に並ぶことにより更に30分遅くなるとしても、必ず電話するようにということでした。電話するより30分早く着いた方が理にはかなっている気もしますが、遅れる前に相手に連絡しておくことが大事だというわけです。今にしてみれば当たり前のことなのですが、当時は衝撃的だったのでしょう。今でもハッキリと覚えています。

 

携帯電話の時代になり、公衆電話に並ぶことはなくなりました。

さらにスマホ時代になり、電話すらすることがなくなりました。Line、その他メッセンジャーで連絡した方が電話よりもずっと早く効率的です。

 

しかしですね...。

その便利なツールすら、活用しない人が沢山いるのも事実です。

 

時代は変わり道具も変わりましたが、30分並んででも相手に一報入れることの大切さを、あらためて考えてみるべきなのだと思います。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック