猛暑と景気

2018.07.31 Tuesday

「暑さが続くと景気に影響が...」

 

ん?

景気に一体どう影響するのでしょう?
明暗が分かれるはずです。

 

典型的な勝ち組がエアコン、飲料、アイス、タクシーなど。これは想像通りです。

 

意外なのがコンビニ。飲料やアイスが売れるという要因もありますが、暑いのでふらっと立ち寄る人が多く、その「ついで買い」重要が無視できないくらいあるそうです。

 

外食や百貨店、スーパーなども天気が良いのはプラスなものの、ここまで猛暑だと「寄り道しないで家に帰ろう」という人が多いらしく、どちらかというとマイナスのところが多いそうです。レジャーランドなどもプールはいいものの、遊園地などは控える人の方が多いようです。

 

農作物は暑さに強いものも一部ありますが、大抵は猛暑には弱いハズです。全体としてはかなり厳しい状況の様子です。

 

アパレルは夏物が好調といえども、その後の秋、冬がガクッと下がる懸念が強いとのことです。秋冬の方が単価が高いので、年間を通すと厳しいようです。

 

私たちの仕事はあまり関係ありませんが、どちらかというと...やはり暑さで仕事が後回しになってしまう人が多いのか、問い合わせが例年に比べて若干少ない気もします。

 

全体としてはマイナスの方が優勢らしいですね。
やはりみんなで暑さを乗り越えて頑張るしかありません。
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック