ますます大事になる翻訳の質

2018.08.05 Sunday

先日、AI翻訳が完璧になるには30年かかると書きました。また、翻訳の質についても書きました。

 

で、そんなことを先週、翻訳会社の社長さんと話していると、やはり同じことを言っていました。で、そんなときだからこそ、人間が行う翻訳の質がますます重要になってくるとのことでした。

 

まったく、その通りだと思います。

 

今は機械翻訳に加えてネットで格安のクラウド翻訳も沢山でています。クラウド翻訳は機械翻訳と手作業翻訳の中間、つまりネットで機械的に注文を出し、その先にいる人間が手作業で翻訳をする方法です。一応、どのサービスでも担当者は試験に合格した翻訳者ばかりなのですが、そのレベルはバラバラです。会社によって違いますし、担当者によっても違います。それに比べ古典的な方法、つまり一般の翻訳会社に依頼する場合や、提携先、個人的に雇っている翻訳者などは高いけれど質は安定しているものです。

 

つまり高品質を求めると、結局は古典的な方法に頼らざるを得ません。だからこそ、この方法で注文を受けている翻訳者は、質がこれまで以上に大切になってくると思うのです。
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック