AIを使った画像の切り抜き

2018.09.05 Wednesday

例えばスナップ写真から人物だけを切り抜くとします。初期の頃なら職人が手作業で人物の輪郭をたどって切り抜いていくしかありませんでした。それがある程度までは機械が境目を自動判断して、切り抜けるようになりました。そこにAIが加わり、被写体を自動で判断し、かなり正確に自動で切り抜いてくれるようになりました。

 

そしてさらに進み、なんと、切り抜いた後の背景を自動で埋めてくれるようになったそうです!

 

例えば公園でのスナップ写真で人物を切り取ると、これまでは切れ取られた跡が白くなりましたが、次世代のツールではAIが背景を自動で「想像」して、木や池などの合成写真で埋めてくれるのです。恐らく近い将来には、観光地などの写真ならネットで自動検索して、相当正確に埋めてくれることになるでしょう。

 

もちろんAI翻訳などと同様、最終的には人間の目による確認が必要ですし、場合によっては手作業で再修正する必要もあります。しかし上手に活用すれば、かなり効率的にいい作業ができるようになると思います。
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック