AIを使った動画の編集

2018.09.11 Tuesday

少し空いてしまいましたが、先日行ったAdobeイベントで学んだ話をもう1つ。

 

AIを使った動画の編集が格段に進歩しています。これまで別のところで聞いた技術で、スポーツ中継などの録画ビデオをAIを使って編集するというのがありました。

 

例えば2時間の野球中継を録画してあったとします。その録画を2時間かけてみるのではなく、AIが2時間を10分に短縮したものを自動で作ってくれるという仕組みです。もちろん、単に後半1時間50分をカットするのではなく、2時間の中からハイライトになりそうな場面だけを自動でピックアップし、15分のダイジェスト版を作ってくれるという仕組みです。スポーツ中継なら、アナウンサーの声の調子や会場のざわめきなどでハイライトシーンを比較的簡単にピックアップできるそうです。

 

更に...Adobeの新技術を使えば、一般的なイメージビデオ、プロモーションビデオなどを同じように自動でハイライト版に短縮できるようになるそうです。例えば会社の紹介ビデオが10分あるとすれば、自社のホームページにはそのまま載せてインスタグラムには1分の短縮版を載せたいという場合に、これまでならプロが何時間もかけて編集していたのに、自動で数分間で1分バージョンができるというわけです。AIがシーンをチェックして、見せ場を判断して凝縮するというのです。

 

信じがたい仕組みですが...実現できているようです。

 

色々な仕事がますます効率化されていくことは確実ですね。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック