授賞式ビジネス!?

2018.11.28 Wednesday

シンガポールのビジネス雑誌の編集者と名乗る人から突然電話がかかってきました。

 

話を聞いてみると...

ビジネス優秀賞とか何とかの候補に弊社がノミネートされたので、インタビューしたいとのこと。しかし、どう考えてもウチがそんなところにノミネートされるわけないので、何かの詐欺かと思い、一旦電話を切ってネットで調べてみました。

 

どうやら、この団体も雑誌もちゃんと実在するもので、ちゃんとまっとうな(?)ビジネスを営んでいる様子です。また、今回のノミネートというのも嘘ではなさそうです。ただし...。ノミネートは誰でも出来て、無料なのです!

 

何をやっているかというと、実際に何か賞を取った場合は必ず授賞式に出席しなければならず、その参加費が100万円ほどするというわけです。つまり、沢山ノミネートさせて、色々な賞を作って与え、そして授賞式に参加させて利益を得るというビジネスモデルです。

 

もちろんお金を払って賞を受ける方としても、雑誌やネットに書いてもらえるし、受賞したこと自体を自社のホームページやパンフレットに載せれば宣伝効果も期待できます。さらにそのことをプレスリリースしたり、日本のメディアに取り上げてもらうこともできるでしょう。

 

なので、受ける方にとってもまったく悪い話ではありません。もちろん主催者側も儲かります。ある意味、お金を払って書いてもらう有料記事とか、有名人インタビューと似ています。でもこんなビジネスがあるなんて、知りませんでしたね。

 

色々なことがあるものです。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック