スピーチは最初の30秒

2018.12.15 Saturday

ジャパネットの高田明さんのインタビュー記事で読みました。同じようなことが以前読んだ米国のビジネス書にも書いてあったと思います。

 

最初の部分、本当に出だしの部分で何か面白いこと、聞きたくなること、ひきつけるようなことを言わないと、続きをちゃんと聞いてくれないものだそうです。

 

別に笑わせるようなことをいう必要はありません。聴講者、視聴者が聞きたいと思っていること、続きを聞きたくなるようなこと、興味を沸かせるようなことが大切です。当たり前といえば、当たり前です。

 

しかしですね...。

実際は、一番最初に自己紹介や自社紹介をする人が何と多いことか...。

 

もちろん、私がいつも言っているようにホームページでも同じです。ホームページの場合、30秒ではなく3秒です。トップページの一番上には3秒で興味を引く文章や内容を載せることが非常に重要です。面白いことである必要はありません。検索で見つけて来てくれた人が何を求めているか、どうすれば3秒で興味を持ってもらうかを考えてみることだと思います。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック