サラダバーで待ち時間を短縮

2018.12.26 Wednesday

居酒屋さんで出てくる「お通し」って、元々は待ち時間を長く感じさせないための工夫だったらしいですね。スグに出てきて、それをとりあえず食べて待っていれば、腹が減って待たされてイライラしなくて済むというわけです。

 

そのアップグレード版がサラダバーというわけです。先日行った中華では、前菜セルフサービスというのもありました。いずれも従業員数を減らしコスト削減する目的もありますが、客側としてもテーブルでじっと待つよりはいいし、待ち時間を感じないというメリットがあるはずです。(何より楽しいですね。)

 

双方にメリットがある方法なので、もっともっと普及してもいいと思うのですが...。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック