検索ランキング2018

2018.12.30 Sunday

毎年この手のデータはざっとチェックするのですが...。

 

いつも面白いと思うのは、日本では圧倒的に日本国内のアイドル、芸能人、スポーツ選手などの検索が多いということです。一方、世界全体で見ると、それらの名前はまったくランキングに登場しないのです。

 

日本のみ

https://trends.google.co.jp/trends/yis/2018/JP/

 

世界全体
https://trends.google.co.jp/trends/yis/2018/GLOBAL/

 

世界全体というランキングにはもちろん米国だけでなく、日本も韓国も、タイもベトナムも含まれています。(中国はGoogle禁止なので含まれません。)

 

「ワールドカップ」「オリンピック」「ボヘミアンラプソティ」などは日本と世界全体で(日本語か英語かの違いはあっても)共通しています。しかしそれ以外、ほとんどが日本だけでしか有名でない人の名前やニュースなのです。また日本では英語の検索が極めて少ないのも特徴的です。

 

いかに私たちが内向きかということではないでしょうか...?

 

まあ人によってこのランキングの見方は色々あると思いますが、データから多くのことを読み取ることができると思います。来年のビジネス戦略を考えるヒントになる気がします。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック