2019年のSEO(その2)

2019.01.06 Sunday

すみません!昨日「2点に要約する」と書いておきながら、もう1点忘れていました。

 

昨日書いた「1.モバイル対応、SSL対応、スピード対応」、「2.AIによる検索」についで3点目は、被リンクの変化です。

 

これまでなら外部のホームページに自分のホームページのURLがキーワードの裏に書かれていることが良いとされていました。例えば次のような感じです。

 

ホームページ制作ならマハナコーポレーション

 

またこんな書き方でもOKです。

 

ホームページ制作ならマハナコーポレーション

https://www.mahanacorp.com

 

いずれも他社のホームページや有名人のブログ、SNSなどにURLとキーワードが多く書かれているほど有利でした。これが近い将来には、URLやキーワードがかかれていなくても、AIが外部ホームページの文脈から判断して評価するようになるということです。例えば多くのホームページやブログでマハナコーポレーションのことが「素晴らしい!」とか、「ホームページを作ってよかった!」と書かれていれば、そこからAIが自動でマハナコーポレーションのことを高く評価し、そのホームページのランキングを引き上げるという仕組みです。そこにURLやキーワードが必ずしも含まれている必要はないのです。

 

こうなってくると...SEOが単なるホームページ関連の仕事ではなくなってきますね。会社全体として企業価値を高める必要があるので、会社の経営そのものがSEOになってくるというわけです。


これまでのような小手先のSEOがいっさい通じない時代がもうそこまで来ているのです。

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック