なぜか英語圏のお客様から英語ホームページ作成のお問合せ

2019.01.24 Thursday

当社の場合、日本のお客様に対しては「英語や中国語でホームページを作ります」とアピールし、海外のお客様に対しては逆に「日本語でホームページを作ります」とアピールしています。なので、通常は海外から英語で来るお問い合わせは「日本語のホームページを作りたい」とか、「日本語でウェブ広告を出したい」とか、そういう内容なのですが...。

 

なぜか稀に、海外、それも英語圏の人から「英語でホームページを作りたい」というご相談があります。不思議です。

 

英語圏でのホームページ制作業務は非常に競争が激しいため、単に英語で「ホームページ制作」やその関連キーワードを入れたところで私たちのホームページはヒットしません。「Japan」や「Japanese」などのキーワードと組み合わせて、初めて上位表示されます。もちろん会社名でも上位表示されます。

 

ということは、こうしたお客様は、1)ウチの会社名をどこかで聞いて調べてきたのか、または、2)日本の技術力の高さを知っているので日本で作ってほしいと思っているのか、あるいは、3)単に、何かの見積もりを書くのに日本の相場を知りたいだけなのか...。

 

1や2だと、とても嬉しいことです。でも、一番可能性がありそうなのは3番目ですね。

 

まあ、いずれにせよ、海外からお問合せをいただくことは良いことだと思います。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック