宅ふぁいる便の個人情報流出

2019.01.29 Tuesday

人気のファイル転送サービス「宅ふぁいる」で個人情報の流出がありました。

 

まあB2Bが中心で一般消費者にはあまり馴染みがないためか、大々的にニュースに取り上げられることはありませんでしたが、私たちの業界ではかなり話題になっています。私は使っていませんでしたが、登録ユーザーのところには連日、お詫びや経過報告のメールが届くようです。

 

しかしこういう情報流出でつくづく怖いと思うのが、パスワードです。

 

オンライン銀行やオンライン証券のパスワードならとても大切なものなので、誰もが厳重に管理し、難しいパスワードを設定すると思います。しかし、その他の比較的簡単に使えるネットサービスでは、「どうせ大事な情報もないし...」などと安易に考えて、簡単なパスワードを使ったり、管理しない人も多いでしょう。もしかすると、ネットサービス側も銀行ほどは厳重な管理をしていないのかも知れません。

 

しかしですね...。

 

これらに使うパスワードを使いまわし、他の重要なものにも共通で使っていたらどうでしょう?流出してしまったら、そのパスワードを使ってクレジットカードなどの口座にログインされてしまう可能性だってあります。パスワードでなくても、生年月日や電話番号などが盗まれると、そこからパスワードが推測されることもあり得ます。

 

実際のところ、犯人の狙いはこれです。カード会社などの厳しい所には侵入せず、比較的甘いと思われるところに入りパスワードや情報を盗み、それを使ってカード会社の口座に入り込むというわけです。大きな二次災害、三次災害が起こる可能性があるのです。

 

どんなサービスに対しても安易なパスワードを設定したり、同じパスワードを使いまわしたりすることは絶対に避けるべきなのです。

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック