お金にシビアなのは女性、でも意外な一面も!?

2019.02.18 Monday

...なんて書くと「男女差別だ」なんて言われそうですが。

京都で乗ったタクシーのベテラン運転手さんから聞いた話です。

 

「お客さんを乗せて、最高どこまで行ったことがありますか?」と聞いたところ、東京や山口、四国などがあるそうです。大半は常連さんの予約らしいですが、中には街中で拾われて行ったこともあるそうです。

 

街中で乗ってきて、いきなり「東京の目黒!」と言ったお客さんは20歳の女性だったそうです。寺院のお嬢様で、修業が終わり翌日に髪の毛を切るというタイミングで逃げ出してきたということです。「いや、お客さん、20万くらいかかりますよ。」と運転手さんが言ったところ、「お金ならありますよ。」と言って10万円を前金で払ってくれたそうなので、拒否する理由もなく、東京まで行ったそうです。

 

その他にも夫婦喧嘩して出てきた人、何かの理由で泣きながら乗ってきた人...などで長距離を行った話を聞きましたが、なんと、全員女性らしいです。男性で、そういうケースは滅多にないそうです。

 

いわく、「お金にシビアで節約志向が強く、お金の管理がしっかりしているのは女性で、男性はだらしない人が多いのは事実。でも何かあった時にすべてが吹っ切れたように一気に使うのも女性。男性はそこまでの勇気がない。」とのことでした。

 

まあ真否はともかく。

そういう一面があることを知っておけば、将来何かの役に立つかも知れませんね。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック