ファーストクラスがある飛行機は乗客トラブルが多い

2019.04.17 Wednesday

何かの記事で読みました。

 

ファーストクラスが付いている飛行機の方が、ビジネスとエコノミーだけの飛行機よりも乗客がトラブルを起こす可能性が統計的にずっと高いそうです。また同じファーストクラス付の飛行機であれば、登場時にエコノミーの人がファーストクラスを通り抜けてくるタイプの方が、入口が分かれているタイプよりもトラブル率が高いそうです。

 

まあこれだけの調査で結論付けるのは無理があるかも知れませんが、心理学者などの話では、人は貧富の差を感じたときにストレスがたまりやすく、問題を起こしやすくなる傾向にあることは事実だそうです。

 

確かに...考えてみたら、貧富の差が激しい国や、その国の中でも貧富の差がある地域などでは犯罪率が高いことは実感に合う気がします。反対に社会福祉がしっかりしている欧州の先進国や貧富の差が極めて小さい日本は犯罪率が低いわけです。特に日本は世界一安全だと言われているのも納得できます。

 

私自身、世の中は実力社会であるべきだと思いますし、頑張って成功した人が報われるのは当然だと思います。しかし格差を広げすぎてしまった場合に起こりえる安全性の低下は、十二分に考慮しなくてはならない最重要課題でありそうです。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック