アマゾンが偽ブランドを見抜けなかった話

2019.04.18 Thursday

先日全国ニュースになったこの話、私は「ありがちだな〜」と思いました。

 

アマゾンに限ったことではありません。最強の販売者が何かやらかすと、マスコミは鬼の首を取ったように喜びます。もう随分前になりますが、三越が偽ブランドを売ったときも同じでした。

 

もっともそのときはAIなんてなかったので、購買に関してプロ中のプロである人間が見抜けなかったということでした。今回の場合は商品を見分けるプロ中のプロである...AIが見落としたということでした。

 

どちらだって同じだと思います。AIを100%だと思っている人もいますが、違います。AIだってまだ未完成ですし、ミスも多々あります。翻訳を見ればわかるでしょう。人間と同じです。ただ、三越の時と違うのは商品数が桁違いに多いことです。その分、見分けるのだって人力だけではなくAIも使っているというわけです。

 

人間と違ってこれからさらに進化し、100%に近い精度になっていくことが期待されるところです。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック